お取り寄せしてでも食べたいパンに出会える
宅パンライフ先取りマガジン

banner_takuminishikawa

埼玉県の贅沢なご当地パン! デイジイの「クロワッサンB.C.」【お取り寄せ】

DATE
2016.7.22

こんにちは。
花嫁修業中のフリーライター、エンドウアヤです。
え、重曹ってお洗濯にも使えるんですか! お義母さま!

みなさんには、決まって買い求める「あのお店」の「あのパン」はありますか?

それは近所のパン屋さんだったり、ドライブで訪れる遠く離れた町のパン屋さんだったり。または、ネットでお取り寄せするパンでしょうか。

私は、家から少し離れたところにあるパン屋さんのくるみパンが、大のお気に入りです。

それがあるだけで、日々の生活にちょっとした楽しみが生まれますよね。

今回ご紹介するパンも、長年多くの人を楽しませて愛されてきた一品です。

埼玉県にあるパンとケーキの店 デイジイより、ご当地パン祭りで1位に輝いたパン、「クロワッサンB.C.」をお届けします。

パンと洋菓子のプロが生み出した「クロワッサンB.C.」

その前にまず、お店を紹介したいと思います。

「パンとケーキの店 デイジイ」は埼玉県川口市を中心に現在6店舗を展開しています。

多彩なパンのかずかず。さらには本格的なケーキや焼き菓子まで!何でもそろう、地元で人気のパン屋さんです。

お店のコンセプトは「美味しい食事パンの店」。

製法はもちろんのこと、焼きもパンに合わせて石釜やオーブンを使い分けているそう。それらもパンの本場、ヨーロッパのスペインやフランスの物です。

また社長は日本代表で国際コンペに出場し、第3位入賞もしています。その腕前は、国内だけでなく海外からも研修生を受け入れるなどして、世界にも認められているほど!

チーズケーキで有名な「ローヌ洋菓子店」で修業も積んでいて、洋菓子にも長けています。

洋菓子作りの腕前もある職人のパンが、数えきれないほど並ぶお店、デイジイ。

その中でもお店の1番人気が、この「クロワッサンB.C.」です。

この子、ただの人気者ではありません。

1996年にコンクールでグランプリの農林水産大臣賞を獲得すると、2011年には日本全国ご当地パン祭りで堂々1位と、評価もされているパンです。昨年はヒルナンデスでも取り上げられました。

その作りは、いたってシンプル。アーモンドケーキをクロワッサンの生地で包み、そぼろ上にしたクッキーと砕いたアーモンドをのせて焼いたものだそうです。

また「B.C.」とは、B=バター、C=クロワッサン、クッキー、ケーキを意味しているそうで、クロワッサンB.C.はそれらがひとつで楽しめるんだとか。

どんな味で食感のパンなのか想像がつきませんが・・・。

でも、これはなんだかおいしそう!

はやく食べてみたいので、とにかく注文です。

デリケートな箱入り娘が厳重警護で届きました

ホームページを開くと、おいしそうなケーキの写真が目に飛び込んできました。

クロワッサンB.C.のことを忘れて、思わずケーキが食べたくなりつつ…注文ページを探すとありました、左側に「ご注文はこちらから」と。

お買いものページに行くと…

トップページには、オススメ商品が大きな写真でドーンと出ています。

クロワッサンB.C.も入った「お試しセット」と「自家製チーズケーキ」、そして「クロワッサンB.C.」の6個入りセット。

クロワッサンB.C.は1個からでも購入できるみたいですが、せっかくなので今回はこちらの6個入りセットを注文です。

お昼に注文をして、2日後に到着しました。

プチプチに包まれた、天地無用の冷凍便です。これはそっと扱わなければ!

シュガーパウダーのおめかし

シュガーパウダーのおめかし

ひっくり返さないように開けると、ひとつひとつきれいに包装されたクロワッサンB.C.が丁寧に詰められていました。

シュガーパウダーもふりかけられていて、見た目はちょっとしたケーキです。

気になる賞味期限は、8月9日でした。発送が7月9日だったので、日持ちは1か月ほどでしょうか。

パンと一緒に、説明書きと商品の案内も入っています。

基本は冷凍保存で、食べる時に常温で1~2時間自然解凍だそうです。

はやく食べてみたいところですが・・・、急いではいけません。ここは今しばらくガマンして、おいしくいただきましょう

お菓子でケーキなクロワッサン。そのおいしさ思ってた以上!

口を大きく開けて、パクリ!

トッピングされたアーモンドがこんがり焼けて、カリカリ香ばしい。

かじりついた時に、口の周りに付くシュガーパウダーがあまい幸せ・・・。

クロワッサンの中に見える、たっぷり入った黄色い部分がアーモンドケーキです。とってもやわらかい、しっとりしたケーキで、口に含めば「じゅわっ、ほろほろ」と、ほどけるようにくだけます。

アーモンドケーキとは言うけれど、鼻をくすぐるバターの香りがとってもリッチ! クロワッサンごと食べれば、そのとろけ具合はまるでクリームのような感じさえあります。

こんなクロワッサン、食べたことない。

大きさもこぶし大ほどで、満足できるちょうどいい大きさです。

シュガーパウダーがかかっているので、解凍したら温めずにいただくパンでしょうか。でも、温めたらそれもまたおいしそう・・・。

よし、もう1個!

カリッカリ!

カリッカリ!

「おいしいお召し上がり方」に書いてあった通り、解凍したパンを予熱しておいたトースターにイン!クロワッサン部分が温まる程度に数十秒加熱してみました。

あっちっち!

食べてみると、クロワッサンの持ち味が復活してパリパリサクサク!クロワッサンはやっぱり、こうでなくっちゃ。

ちょっぴり焦がせば、シュガーパウダーがカラメリゼされたようになり、ほろ苦い風味が仲間入り。温めたことでバターの風味は増し、さらにはアーモンドケーキのしっとり食感とクロワッサンのパリパリ食感とがあいまって・・・。

これはもう、お口の中がベルサイユ。

解凍後そのままでも、とってもおいしいですが、これはぜひお試しいただきたい食べ方ですね。

「ご当地パン? そんな安っぽい名で呼ばないでいただける?」

「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」

「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」

まず一言で言い表すと、“贅沢”なパンでした。

ご当地パンというと、素朴であったり庶民的なパンを想像します。

でも今回のクロワッサンB.C.は、バターの風味が存分に味わえて、ケーキとしてもスイーツとしても楽しめるパンでした。

しかもそれを生み出したのは、洋菓子にも長けた一流のパン職人!

ご当地パンじゃなく、「貴族パン」の間違いではないでしょうか。

箱詰め、包装も丁寧なので、そのままプレゼントにもいいですね。

それこそ、バースデイ(B)にもクリスマス(C)にもです。

クロワッサンB.C.は、わたしが知っているクロワッサンとはもはや別物でした。もしかしたら、「B.C.」の名がついた新しいパンと言ってもいいのかもしれません。

このパンを作った職人のこだわりや魂、そして思い。それら、クロワッサンB.C.が長年愛され続け、評価されるだけのものが、おいしさの向こう側に感じられたパンでした。

パンとケーキの店 デイジイ
〒332-0002 埼玉県川口市弥平2-9-17
http://www.daisy1962.co.jp/
048-227-6060
info@daisy1962.jp
8:00~19:00
クロワッサンB.C.、デイジイブレッド、自家製チーズケーキなど
埼玉県川口市内に5店舗、蕨市に1店舗を展開。100種類以上のさまざまなパンをはじめ、ケーキ、焼き菓子も多く並べる。カフェレストランも経営。

この記事を書いた人

エンドウアヤ
福島県、山育ち地方都市在住。花嫁修業中のフリーライター。好きなパンはレーズン、くるみ。最近は福島の地元パン「クリームボックス」に注目!

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら