お取り寄せしてでも食べたいパンに出会える
宅パンライフ先取りマガジン

banner_takuminishikawa

暑い夏こそ本格カレーパン! ビストロ喜楽亭の「おいしいかれーパン スペシャルセット」【お取り寄せ】

DATE
2016.8.15

夏といえば、辛いものが食べたくなってきませんか? “辛いパン”といえば……。そう、老若男女に好かれるカレーパンですよね! そこで今回ご紹介するのは、池尻に店舗を構える老舗カレー店、ビストロ喜楽亭の販売する「自家製おいしいかれーパン スペシャルセット」です。このカレーパン、PON!やぴったんこカンカンなどのメディアでも頻繁に紹介される、知る人ぞ知るカレーパンなのです。

有名人も常連!? 池尻の老舗カレー店「ビストロ喜楽亭」

ビストロ喜楽亭は、たくさんの有名人に支持されていることでも知られています。EXILE・三代目 J Soul Brothersの岩ちゃんこと岩田剛典や松嶋菜々子、京本政樹など数々の有名人に支持されているのです。そうそうたるメンバーの名前だけでも十分気になりますが、ビストロ喜楽亭、最大の特徴はなんといっても”壺焼きスタイル”でカレーを作ることです。まずブイヨンをとることから始まり、10時間以上じっくり煮込んだ後1日寝かせることによって熟成されたカレーを壺に入れて、アツアツの状態で提供されています。メニューも豊富で、やわらかいモモ肉をじっくり煮込んだ「ビーフかれー」や赤字覚悟で作られている「牛フィレステーキかれー」など、名前を聞くだけでもヨダレが出てきそうなものばかり。一部のかれーについてはお取り寄せも対応しているので、そちらも要チェックですね。

さて、今回お取り寄せする「自家製おいしいかれーパン」は、一体どんな味なのでしょうか……。期待を胸にお取り寄せします。

ビストロ喜楽亭の「自家製おいしいかれーパン」を早速注文!

注文はビストロ喜楽亭のオンラインショップから、1セット(12個2種類入り)単位で注文できます。”普通口”と”辛口”の2種類が入っていますが、たとえば「普通を4個と辛口を8個」というように、内訳を指定することができます。これは嬉しい心遣いですね! ちなみに指定なしだと、それぞれ6個づつの注文になるそうです。

注文時はメンバー登録などの必要もなく、必要事項を入力すれば注文完了です。注文日より1週間以降なら、日にち指定もできます。

さて、待ちに待ったビストロ喜楽亭のカレーパンが到着しました!

ビストロ喜楽亭お取り寄せ

冷蔵状態で到着しました

さっそく箱を開けてみると……。チラシの下に、きれいにお行儀よくカレーパンが並んでいます。一つひとつがプラスチックのパッケージに入り、形はまんまるです。

ビストロ喜楽亭 カレーパン

2つの辛さレベルから選びましょう

“普通口”と”辛口”の2種類が入っていますが、形はどちらも同じです。見分けがつくように、”辛口”のほうだけ上に乾燥パセリ(?)がふってあります。

大きく、ずっしりした「自家製おいしいかれーパン」! その中身は?

では、実際に食べてみましょう! 同梱されていた説明書によると、すぐに食べる場合は、レンジで20秒くらいチンすればOKとのこと。すぐに食べないのならば、早めに冷凍保存すれば、1か月はもつそうです。

ビストロ喜楽亭 自家製おいしいかれーパン

見たところ、外側のパン粉はうす~く付いているので、そんなにギトギトしていません。大きさは直径約10センチ。高さも5センチくらいはあるので、持つとずっしりしていて、ボリューム感があります。カットしてみると……。

ビストロ喜楽亭

手前が”普通口”で奥が”辛口”。どちらを食べたい?

一般的なカレーパンに比べて、中の具がギッシリ詰まっていて、高さがあるのがおわかりいただけますか?

中身が詰まっているだけに、「切る時に『ドローン』と具が出てくるのでは?」という筆者の想像とは裏腹に、きれいに真っ二つに切れちゃいました! 3日かけて作ったカレーソースに、ひき肉と玉ねぎをじっく炒め、その後一晩寝かすという手間暇かけて作られた具材が、こんな形でお目見えしたのは少し意外です。

自家製のカレーパンならではのうまみと、ギッシリ詰まった具がうれしい

「自家製おいしいかれーパン」のお味をレポートします! “普通口”のほうの辛さは、市販のカレールウでいうと”甘口”くらいの感じです。「カレー屋さんのカレーだと、普通といっても辛いのでは?」と思いがちですが、「ビストロ喜楽亭」の”普通口”はとてもマイルドです。

一方、”辛口”のほうは、やはり一口目からスパイスの風味と辛さが際立つ味です。市販のカレールウでいうと、”辛口”+スパイスくらいの辛さ。辛さの中にも、老舗カレー店ならではのコクとうまみが感じられて、こちらも美味です。

ビストロ喜楽亭

ごちそうさまでした!

具は、どちらもひき肉がゴロゴロ入っているわけではないので、意外とあっさりしています。パン生地が気泡の多い、軽い生地で、具にボリュームがあるだけに、カレーパンというよりは“パン付きカレー”という感じです。連日の暑さで「食欲がわかないなぁ……」と感じている方、この機会に「ビストロ喜楽亭」のおいしいカレーパンを食べて、夏バテ対策をしてみてはいかがでしょうか?

ビストロ喜楽亭
http://www.bistro-kirakutei.co.jp/index.html
〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-30-5
TEL:03-3410-5289(代)
壺焼きかれー各種、かれーパン
「企業の健全な発展と働く人々の生活向上を願い、心のこもった食材の提供と安心な食材の開発を通して社会の役に立つこと」がモットー。オーナーシェフの大久保秀喜氏は、メディアでもよく紹介される実力派のシェフだ。

この記事を書いた人

後藤玲
医療系を中心に執筆。健康、料理、お菓子作りなど生活全般における執筆も行う。病院取材の他、一般企業への取材活動も行っている。
http://palm-510.wix.com/goto

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら