軽井沢からの甘い便り♪ブランジェ浅野屋の季節限定・軽井沢キャラメル【お取り寄せ】

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

軽井沢からの甘い便り♪ブランジェ浅野屋の季節限定・軽井沢キャラメル【お取り寄せ】

DATE
2016.10.17

ブランジェ浅野屋

軽井沢からパンのお取り寄せ、と聞くだけでなんだか素敵な気分になりますよね。今回は、1933年創業と長い歴史を持ち「マツコの知らない世界」などの各種メディアでも取り上げられているブランジェ浅野屋さんから、季節限定の軽井沢キャラメルをご紹介します。

軽井沢に本店を持つ歴史あるブランジェリー

ブランジェ浅野屋の本店は、長野県軽井沢にあります。その立地を生かして信州の素材を使うなど、厳選した材料と伝統的な製法でオリジナルの味を追求し続けるパン屋さんです。エキュート上野やミッドタウン東京など、都内の有名スポットにも多く支店を持っているお店なので知っている方も多いかもしれませんね。数多い商品の中から、今回お取り寄せするのは季節限定商品の軽井沢キャラメルです。総重量1.8㎏、長さ70cmとかなり大きく焼かれたパンですが、量り売り形式で200gから購入することが出来るとのこと。ちなみに同じ量り売りではシリーズで軽井沢レザン、軽井沢ブルーベリーなども販売されています。メディアにも紹介されているお店の季節限定商品。一体どのような味なのでしょうか。早速注文してみたいと思います。

ブランジェ浅野屋の軽井沢キャラメルをお取り寄せ

ブランジェ浅野屋

浅野屋のシールが貼られ、綺麗に包装されたパン

注文は、公式オンラインショップから。今回は軽井沢キャラメルを、重量400gで頼むことににします。支払い方法はクレジットカード・銀行振り込み・代金引換から選ぶことが可能で、5日後以降で良ければ到着日を指定できるとのこと。これは便利ですね。到着日指定なしでお願いしたところ、翌日には発送連絡メールが届きました。とっても早くてびっくり。結局、注文から2日後には軽井沢からの宅配便が届きました! 箱を開けると丁寧に包装されたパンとパンの保存についてのリーフレットが同封されていました。防腐剤・保存料を一切使用していないので、常温の涼しい場所に保存してなるべく早く食べてほしいとのこと。すぐに食べられないときはもちろん冷凍も可能だそうです。

香ばしく小麦の香りいっぱいのハード系おやつパン

ブランジェ浅野屋

バリっと焼きあがったクラストとふんわりクラム

さて、早速軽井沢キャラメルを取り出してみると、甘い香りがあたりに広がります! くるくるとした渦巻き模様もとてもキュートですね。まずはカットしてそのままいただくと、キャラメルの甘さがふわりと香り、さらに噛みしめた時のおいしさに驚きました! 菓子パンにありがちな甘いだけのパンではなく、強めに焼き込んであるクラストからしっかりと小麦の香りがします。ヘーゼルナッツパウダーとクルミのカリカリ、両方のナッツ感が良いアクセントになり、全く飽きずに食べられます。スライスした状態で焼いてみても、さらに香ばしさが引き立っておいしくいただけました。

ブランジェ浅野屋

トースターでやや強めに焼いてみました

薄めにスライスすればカリカリに、厚めにスライスすればふんわり・もっちり。お好みに応じてトーストしてみるのもおすすめです。甘さは控えめなので、甘めのミルクティーなんかと合わせてもほっこりティータイムが過ごせそうです。

ちょっとアレンジしてフレンチトーストにも!

ブランジェ浅野屋

ふんわりとろとろのフレンチトーストは幸せアレンジ!

そのままでももちろんおいしい浅野屋の軽井沢キャラメルですが、ちょっとアレンジしてフレンチトーストもおすすめです。食パンなどと違ってパン自体に甘さがあるので、砂糖を入れず牛乳と卵だけでフレンチトースト液を作り、たっぷりのバターで焼いてみました。できあがったフレンチトーストはトロトロで甘さ控えめ、これは朝食にもぴったりです。甘さはしっかりと欲しいという人は、メープルシロップをかけてみてくださいね。色々な食べ方が楽しめる軽井沢キャラメル、人気の理由がよく分かりました。皆さんも軽井沢からの甘いパンをお取り寄せして、秋のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか? 丁寧に作られたパンを食べれば、きっと特別な時間が流れるはずです。

ブランジェ浅野屋
http://www.b-asanoya.com/
〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢738
0267-42-2149
info@b-asanoya.com
軽井沢シリーズ、パン・オ・レなど
1933年創業。昔ながらの伝統的な製法と、厳選された素材を使って浅野屋ならではのパンを作り続けているお店。軽井沢本店のほか、東京ミッドタウンなどの有名スポットにも多数の支店を展開し、常に話題を提供するブランジェリー。

この記事を書いた人

橋本 なおこ
北関東在住のんびり田舎暮らし。カーテンを開ければ目の前は森、庭にはキジが歩いています。おいしいパンのためならどこへでも!のパン好きライター。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら