チーズが78%! 3種類のチーズが贅沢に使われたマルシャンのプレミアム・トリプルチーズ【お取り寄せ】

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

チーズが78%! 3種類のチーズが贅沢に使われたマルシャンのプレミアム・トリプルチーズ【お取り寄せ】

DATE
2016.10.24

マルシャン

今回は新潟県にあるマルシャンから、お店の売れ筋ランキング第1位に輝いている「プレミアム・トリプルチーズ」をお取り寄せしました。百貨店の物産展で人気を博してから、通販限定で1日に30本しか販売していないというプレミアムなパン。3種のチーズがふんだんに使われているスイーツブレッドとは、いったいどのようなパンなのでしょうか。

マルシャンのこだわりは無添加・天然酵母

まずはマルシャンについてご紹介します。マルシャンは新潟県長岡市にあるパン屋さんで、県内外に9店舗を構えています。心も体も満足できるパンを作るため、添加物は使わずに素材からこだわり、一つひとつ愛情を込めて手作りしています。体にやさしくておいしいパン作りを目指しているマルシャンのその人気は、物産展やご当地パン祭りなどにもよく出店しているほどです。パンを膨らませる酵母菌には、天然素材から自然培養したホシノ天然酵母を使用しています。焼けばしっとりとやわらかく、口に含むと甘い香りが鼻を抜けていくというのがホシノ天然酵母の特徴なんだとか。それを活かしてマルシャンでは数多くのデザートパンやスイーツブレッドを製造販売し、それらが評価されて今では新潟県の有名なパン屋さんになりました。

「プレミアム・トリプルチーズ」をさっそく注文

マルシャン

マルシャンのこだわりが詰まった「プレミアム・トリプルチーズ」は、1日に30本、通販限定のスイーツブレッドです。使われているチーズは、カマンベール風チーズシート、シュレッドチーズ、ダイスチーズの3種類です。それらを300gの生地に対して78%、約240gもふんだんに練り込まれていて、チーズ好きにはたまらないパンになっています。マルシャンのホームページからさっそく注文をすると、2日後に常温で届きました。クール便と違い、解凍する時間を持たなくてもすぐに食べられるというのはうれしいですね。冷蔵保存をするとパンがパサついてしまうとの理由から、パンの保存方法については常温か冷凍を推奨しています。気になる賞味期限は、製造から5日でした。さっそく食べてみましょう。

チーズ78%!気になるそのお味は?

マルシャン

まずは、スライスしてそのままを頂きました。チーズシートが練り込まれたパンはほんのりと甘く、そこにダイスチーズの食感と塩気がアクセントとなって口の中に変化を付けます。熟成されたチーズの芳醇な香りが鼻を抜けると、思わずワインが欲しくなってしまいました。天然酵母でじっくりと熟成されたパン生地は、しっとりとやわらかくふかふかしています。甘みもあるので、デニッシュブレッドのようなリッチな味わいも楽しめました。

マルシャン

厚切りにして軽くトーストしてから頂くのがマルシャンのオススメということで、贅沢に厚切りして焼いてみました。厚切りにすることで表面はサクッ、中はしっとり食感に。やさしい甘さがさらに増して、よりスイーツのように楽しめました。温めたことによって、とろけたチーズが口の中でねっとりと絡みつきます! これはオススメするのも納得のおいしさです。

どこかクセになる贅沢なパン

マルシャン

「プレミアム・トリプルチーズ」は、チーズがたっぷり入ったスイーツブレッドということで、届くまでチーズケーキに似たものを想像していました。けれど実際に食べてみると、スイーツのような甘さもあるけれど、お酒とも合わせたくなるチーズの塩気と熟成された香りもあり、ちょっぴり複雑な風味が味わい深い贅沢なパンでした。生地に対してチーズが78%も入っているだけあり、どこをかじってもチーズが存分に楽しめます。練り込まれているチーズが3種類なら、その味わいも三者三様でそれぞれが甘さや風味、塩気などの違ったおいしさを持っています。一口ごとに違う表情も楽しめて、クセになります。チーズ好きにはぜひお試しいただきたいマルシャンの「プレミアム・トリプルチーズ」。物産展などにもよく出店されているそうなので、見かけたら一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

マルシャン
http://www.marcian.co.jp/
〒940-0041 新潟県長岡市上前島町36番地
0258-22-0522
スターブレッド、マーブル、通販限定プレミアムシリーズ
1976年、新潟県長岡市にお店を構えてから、安心安全でおいしいパンを提供し続けているお店。ホシノ天然酵母でじっくりと発酵熟成された生地は、自然本来の甘みとうまみがあるパンに仕上がっている。

この記事を書いた人

エンドウアヤ
おいしいの大好き福島人ライター。他にもお酒とお料理レシピで執筆しています。好きなパンはレーズン、くるみ。旅のお供はカツサンド。
https://twitter.com/ayaendo03

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら