お取り寄せしてでも食べたいパンに出会える
宅パンライフ先取りマガジン

banner_takuminishikawa

おいしいベーグルを日本中に届ける!トライベッカベーカリー 石河代表インタビュー ~後編~

DATE
2016.11.22

t18

トライベッカベーカリーでは、たくさんの種類のベーグルが販売されています。石河代表へのインタビュー前編では、トライベッカベーカリーを設立したいきさつなどを伺いました。後編では、トライベッカベーカリーならではのベーグルに対する思いについて伺います。ただベーグルを作っているのではなく、そこにはトライベッカならではのこだわりがあるのです。低糖質でダイエットにもおすすめのトライベッカベーカリーのベーグルが、つい食べたくなりますよ! ベーグルが好きな方は必見の内容です。

ベーグルのレシピは40種類!

ベーグルを作るにあたり、どんな部分にこだわっていますか?

トライベッカベーカリーのベーグルは、小麦に一番こだわっています。噛めば噛むほど小麦の甘みが出るものを作りたいのです。色んな小麦を実際に食べてみて、自分たちで味を確かめています。ちなみに種類は、40種類ほどあります。レシピだけだと、もっとありますね。

最近のパン業界は健康を意識した、スペック商品と呼ばれるものが流行っています。うちの商品でいうと大豆パンですね。糖尿病予備軍の人たちの糖質制限は、1日60グラムまでといわれています。1食を3で割ると20グラムなので、大豆パンはその制限を超えないように商品開発をしています。

子供が安心して食べられるものを作りたいという思いもあります。そのため、なるべく添加物を排除して商品を開発しています。たとえば、「スーパーフードミックス」という大豆パンがあるのですが、弊社のスタッフによる「健康なものを子供に食べさせたい」という思いが根底にあります。シールド乳酸菌®M-1も入れました。それを摂取すると、風邪を引きにくくなるのです。高いものを入れているので、残念ながらコストはかかりますが、価値を認めてくれる人に食べてもらいたいと思っています。

トライベッカベーカリーのベーグルは、動物性タンパク、乳、卵を排除して作られています。たまに、「卵やチーズ、ベーコンなどが入っているベーグルを作ってほしい」と言われることもあります。作れば売れるのはわかるのですが、今まで乳・卵を排除してやってきたのが、すべて無駄になってしまう気がするのですよね。乳・卵を排除するのが、トライベッカベーカリーのこだわりなのです。

今必要なのは、糖質制限などの健康志向の商品

パン業界で注目している分野や、今後作ってみたい商品はありますか?

今は糖質制限に注目しています。健康に気をつかった商品がどんどん注目されていく中で、どのくらい健康的なのかが数値化されているものはわかりやすいですよね。数値化された商品が、今後必要だと思っています。

トライベッカベーカリーのパンを通して、世の中に伝えたいことはありますか?

「おいしい」と言って食べてくだされば、それだけで充分だと感じます。その上で、添加物や合成着色料などを使うのではなく、天然の素材を活かすことができたらいいと思います。 先日、マラソンをする方から手紙をいただきました。「糖質を抑えた高タンパクのパンはなかなかないですが、トライベッカベーカリーのパンを食べたら、おいしかったです。応援しています」という内容でした。そのような言葉をいただくと、「一生懸命やっていて良かった」と思います。

味のレパートリーが増える予定はありますか?

これからも季節感のある商品を作っていきたいと思っています。ただ、私たちは一つの商品を開発するのに多くの時間を費やします。例えば大豆パンは、完成するまでに8年くらいかかりました。最初は味が良くなくて……(笑)。毎日食べても飽きない、食パンみたいなものを作れないとダメだと思ったのです。おいしくて低糖質なものですね。 最近は、全粒粉だけで作られたベーグルの開発にも成功しました。 現在、試行錯誤中なのが、ほうれん草のパンです。膨らみが悪いのは事実なのですが、原料で一番入れているものをほうれん草にしました。こだわるところにはこだわって、開発しています。

ベーグルに込められたトライベッカベーカリーのこだわり

 

強いこだわりをもって開発されているんですね。

そうですね。以前は、100人いたら100人に好かれるパンを作りたいと思っていました。今は素材の味を活かしてつくることを一番に考えて、商品を開発しています。

とくに昔と比べて変わったのは、ほうれん草のベーグルです。前までは、ほうれん草と、オレガノやガーリックフレーバーを入れて食べやすくしていました。評判が良くて、「ほうれん草が嫌いでもトライベッカさんのものは食べられる」という声をたくさんいただきました。小学校に学校給食としてベーグルを卸したことがあったのですが、実際にベーグルを食べる子供たちと話せる機会があったのです。その時、何人かの子供に「ほうれん草って言ってるけど、ほうれん草の味がしないよ。ちゃんとほうれん草を入れているの?」と言われたことがありました。その瞬間ハッとしましたね。

それがきっかけで、「食べやすくすることにこだわるのではなく、きちんと食材を入れよう」と思ったのです。商品をリニューアルしたら、「こんなにほうれん草をたくさん入れたら食べられないじゃないか」「ほうれん草は嫌いだけど、パンなら食べられると思って買った。でもこんなに入れたら気持ち悪くなるでしょ」とお叱りを受けました。でも、「うちには40種類のベーグルがあるので、ほうれん草が合わないなら他の種類の中から好きなベーグルを選んでください」と言うようにしたのです。

みんなが食べやすいものを作るのではなくて、素材の味を活かしたものを作ることにシフトしたのです。割りきったものづくりをすることで、信頼に繋がると考えています。

トライベッカベーカリーのベーグルには卵と乳を一切使っていませんが、チョコレートのベーグルも、乳なしのものを使っています。カカオマスですね。私はチョコレートには乳が入っているものとばかり思っていたのですが、探してみると乳なしのチョコレートも少ないながら存在するのです。

お客さんに言われて、一番嬉しかった言葉はありますか?

「今まで食べた中で一番おいしい」と言われると、やはり嬉しいです。あとは、お手紙をいただくと本当に感動しますね。嬉しいので、手書きで返すこともあります。やりがいを感じる瞬間です。

ファンを大切にしてらっしゃるんですね。石河さまの温かい人柄が伝わってきます。貴重なお話をありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

——インタビュー終了後、トライベッカベーカリーでは大豆パンの種類が増えるなど、ますます進化されているそうです。さらなる展開に期待しています。

前編はこちら

トライベッカベーカリー
http://www.tribecabakery.com
トライベッカベーカリーのベーグルは、冷凍安定剤、保存料は使用せず、添加物をなるべく排除。身体にやさしい、素材を活かした商品づくりを心がけている。ダイエット中の方や健康を考えている方にもおすすめ。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

t18

あなたにオススメのパンはこちら