メニューは2種類!? 素朴な味わいが懐かしい、東京・浅草にある老舗「ペリカン」の食パン【お取り寄せ】

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

メニューは2種類!? 素朴な味わいが懐かしい、東京・浅草にある老舗「ペリカン」の食パン【お取り寄せ】

DATE
2016.11.1

ペリカン 食パン

食欲の秋到来! すっかり暑さから開放されると、なんとなく弱っていた胃腸も元気になって食事も一層おいしくなりますよね。今回は、元気を取り戻した胃袋に満足感をもたらしてくれそうなペリカンの食パンをご紹介します。東京・浅草で昭和17年から変わらない独自のスタイルでパンを作り続けているというペリカン。昔から多くの人の食欲を満たし、愛されてきたその食パンとはどんなものなのか、お取り寄せしました。(2018年1月31日現在、お取り寄せはお休み中とのこと)

お店にあるのは2種類だけ!独自のスタイルでおいしさ追及

パン屋というとどんなイメージが思い浮かぶでしょうか? あんパンにクリームパン、食パンなど、陳列棚にたくさんのパンが並んで、辺りには焼きてたてのおいしそうな香りが漂って……。そんな風景をイメージするかもしれませんね。ですが、今回ご紹介するペリカンは、斬新なパン屋です。というのも、形こそ多少の種類があるものの、そこで売られているパンは食パンとロールパンのたったの2種類のみ! 当然のことながら、お店の様子も一般のお店とはかなり違っています。創業以来、「やみくもに争うことをしたくない」というオーナーの考えがこの独自のスタイルを生み、飽きのこないおいしいパンを生み出してきたそうです。2種類のパンのみの販売ながら、売り切れ続出の人気のお店。どんなパンなのか、さっそく注文してみました。

注文は店頭か電話でのみ。電話注文の人はメモのご用意を

ペリカン 食パン

ホームページで注文方法を確認すると、注文は店頭か電話でのみ受付とのこと。そこで筆者は電話注文することにしました。お届け日と時間指定ができますが、対応していない曜日もあるのであらかじめ日時を考えてから電話しましょう。また、当然のことながら確認メールなどはありません。初回は代引きのみで予約可能とのことですので、金額をよく確かめてメモなどをしておくことをおすすめします。今回は受け取り日の関係もあって到着までにかかったのは約1週間。楽しみにしていたパンは専用の箱に入った状態で、その上から緩衝材で大事に包装されていました。内側にはおいしい食べ方を書いた説明書きと伝票が張り付けられていました。

まるでご飯!? 毎日食べられる、飽きのこないパン

ペリカン 食パン

さっくり、すっきりと切れました

常温の状態で届いたので、まずはビニールの口に鼻を近づけクンクン。香料を使ったかのような主張のある香りはしません。大きさは3斤を頼んだのですが、スーパーなどに売られている食パンより若干小さめのわりには重量感があります。

カットしてみると、生地の質感はグルテンの多いもっちりした生地というよりは、程よくキメの詰まったやや水分少なめのサクッとした感触です。

ペリカン 食パン

きめ細かで程よい食感が魅力

試しにそのまま一口味見をしてみると……極めて“おとなしい”という感じです。シンプルであることに間違いないのですが、それ以上に“おとなしい! ”のです。生地に含まれる水分が少ない感じがするので、厚めに切ってト―スト+バターもいいのですが、チーズや他の具材をのせて焼くと、この食パンの良さが際立つのではないでしょうか。

何にでもなじむ優れもののパン

ペリカン 食パン

スティック野菜とチーズのトッピングで、簡単朝ごはんにも

今回ペリカンの食パンを食べて感じたのは、毎日食べられるパンとはどんな具材やおかずともなじむ、いい意味で主張のないパンなのだということ。ちなみに、筆者はちょっとスパイシーなカレーをつけたり、チーズをのせて焼いたりしてみましたが、どれも相性バッチリ! 日本人の食卓にとって欠かせない白いご飯と同様、強い存在感はないものの、しっかりと役目を果たしてくれる……そんな感じの食パンでした。

創業以来、「さりげなく、細く長くおつきあいできるパン」を提供したいというオーナーの思いが詰まったペリカンのパン。他の食パンとは一味違う飽きのこない何にでも合う食パンを、あなたも一度お取り寄せしてみるのはいかがですか?

Pelican(ペリカン)
http://www.bakerpelican.com/index.html
東京都台東区寿4-7-4
03-3841-4686
食パン、ロールパン
創業昭和17年の老舗。「やみくもに人と争いたくない」という思いから、食パン、ロールパンの2種類だけを作り続けてきた。それだけに、日本人にとって飽きのこない毎日食べられる味を目指して、今でも研究を続けている。

この記事を書いた人

後藤 玲
医療系をメインに取材から執筆まで行っている。一方、「食べるの大好き!」人間であることを生かし、食レポなどの執筆にも携わる。
http://palm-510.wixsite.com/goto

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら