国分寺 スコーンの有名店「ラ・ブランジュリ キィニョンのスコーン」〜今週のお取り寄せパン〜

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

国分寺 スコーンの有名店「ラ・ブランジュリ キィニョンのスコーン」〜今週のお取り寄せパン〜

DATE
2015.7.13

本日のお取り寄せはこちら

今週は手作りパンとスコーンのお店「ラ・ブランジュリ キィニョン」をご紹介。
わざわざ行きたいスコーンのお店として、数々のメディアに取り上げられている有名店です。
国分寺にある本店の近くの工房で焼き上げられた名店のスコーンを、早速注文してみました。

ホームページもかわいい!

ホームページもかわいい!

注文したのは『定番スコーン8個セット』。
冷凍保存されたスコーンは丁寧な包装で届きました。注文してから大体3〜4日で到着するそうです。

箱を開けた時の幸福感たるや

箱を開けた時の幸福感たるや

冷凍されたスコーンってどうやって食べるの? そんな疑問もこちらを見れば万事解決。親切な説明書が付属しております。

ちゃんと“説明書”を読んでから。

ちゃんと“説明書”を読んでから。

冷凍スコーンならびに冷凍パンは、凍ったままの状態でいきなりトースターに入れないように注意。
できれば自然解凍(時間がない場合はレンジで解凍)で常温に戻し、そこからトースターを使いましょう。

あらかじめ2〜3分温めたトースターにアルミホイルを敷き、スコーンを入れます。この際に焦げないよう中をチェックしながら少々時間を置き、良い感じに焼き目が付いてきたら、スイッチをオフに。ここでポイントなのが、すぐにスコーンを取り出さないこと。これは余熱で中までじっくり温めることができるからだそうです。

美味しそうな匂いが辺りに立ち込めます

美味しそうな匂いが辺りに立ち込めます

並べてみると、こんな感じです。
普段の生活でスコーンを並べたりする機会は滅多に訪れないかと思いますが、こうやって見てみるとスコーンって意外に可愛いらしいんですね。

いただきます。

それでは、いただきます。

ふんわりと広がるミルキーな香り。生クリーム仕立てということもあり、中身は予想以上のしっとり感です。一見シンプルなスコーンなので、ジャムやバターなどの味を付けたほうが良いかな? と食べる前は思っていたのですが、全然付ける必要はありません。めちゃめちゃ美味しい。

少し焦げちゃったけど、それもそれで良いのです。

少し焦げちゃったけど、それもそれで良いのです。

ごちそうさまでした。
眠気まなこで起きた朝、美味しいコーヒーと一緒にこのスコーンを食べれば、それだけで幸せな一日が送れるのでは? そう思わせてくれるスコーンでした。皆さんもお取り寄せをしてみてはいかがでしょうか? 次回のお取り寄せパン紹介もお楽しみに!

関連リンク

ラ・ブランジュリ キィニョン http://www.quignon.co.jp/

この記事を書いた人

Profile image
今年はパンを毎日食べることを目標としています。Pantastic!の編集長をしています。
See more info

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

order

あなたにオススメのパンはこちら