【まとめ】日本のパン!あんこたっぷりのあんぱん

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

【まとめ】日本のパン!あんこたっぷりのあんぱん

DATE
2017.4.3

あんぱん お取り寄せ

4月4日はあんぱんの日! あんぱんといえば、日本発祥のパンの代表といっても過言ではないのではないでしょうか。
Pantastic! では、これまでにさまざまなあんぱんをお取り寄せしてきました。今回はあんぱんの日の前夜祭として、これまで紹介してきたあんぱんをまとめて紹介したいと思います!

桜が香る桜あんぱん

あんぱん お取り寄せ

春といえば桜! 栃木県佐野市にあるナカダのパンの桜あんぱんは、しっとりモチモチのパン生地の中にあんこがぎっしり。上にのっている桜の塩漬けがあんこの甘さを引き立たせてくれます。桜の香りも楽しめるので、食べているとまるでお花見に行った気分になれます。

お取り寄せレポートはこちら→http://pantastic.jp/archives/874

よもぎあんぱん

ペニーレイン お取り寄せ

パンのフェスなどでも一躍話題になったペニーレインのよもぎあんぱんは、その名の通り生地によもぎが練りこまれています。よもぎ入りのパンの中にはこれでもかというくらいあんこがぎっしり! さらに求肥も入っているのでもちもち食感も楽しめる一品です。

お取り寄せレポートはこちら→http://pantastic.jp/archives/2178

和菓子屋が作るあんぱん

あんぱん お取り寄せ

創業以来60年以上にわたって伝統の味を守り続けている和菓子店平井製菓が作ったあんぱんです。和菓子屋が作っているというだけあって、上品な味わいのあんこが特徴です。小ぶりでペロっと食べられるサイズなので、おやつにピッタリですよ。

お取り寄せレポートはこちら→http://pantastic.jp/archives/3651

京都の料亭が作る食パン型のあんぱん

あんぱん お取り寄せ

京都で1856年から続く老舗料亭・下鴨茶寮(しもがわさりょう)。老舗の料亭で作られているあんぱんは食パン型のマーブルあんぱんです。もともとは料亭に食事に来た人に手土産として渡していたものが評判になり、商品化したそうです。京都のおもてなしの心がつまったあんぱんは、ちょっとした手土産にも喜ばれそうですね。

お取り寄せレポートはこちら→http://pantastic.jp/archives/4660

ちょっと変わり種のあんぱん

あんぱん お取り寄せ

この写真を見て「あんぱんなのに黄色? クリームパンじゃなくて?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。こちらは京都・錦市場にお店を構える、だし巻卵専門店三木鶏卵の黄身餡ぱんです。白あんをベースに3種類の卵黄を混ぜて作られているのだとか。食べると卵黄の味も感じられるそうです。だし巻き卵の専門店が作る不思議なあんぱん、少し変わったあんぱんを試してみたいという方はぜひ一度お試しください!

お取り寄せレポートはこちら→http://pantastic.jp/archives/377

あんぱんの日にお取り寄せしたいあんぱん

気になるあんぱんは見つかりましたか? いよいよ明日、4月4日はあんぱんの日。おいしいあんぱんをお取り寄せして、お花見に出かけてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら