Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

家で手軽にハニートーストを再現できる!長坂養蜂場のはちみつ&マーガリン【お取り寄せ】

DATE
2017.4.18

長坂養蜂場 お取り寄せ

パンに塗るものといえば、まず思い浮かべるのはマーガリンやバター、という方が多いのではないでしょうか? でも、いつもマーガリンやバターをぬっただけのトーストでは飽きてしまいますよね。

そこで! 今回ご紹介するのは長坂養蜂場のはちみつ&マーガリンです。雑誌などのメディアでも多く紹介されているこの商品は、「一度食べたら病みつきになる!」と、リピーターも多いそう。

病みつきになるほどのおいしさ……、期待を胸にさっそくお取り寄せしてみます。

健康のために作り始めたはちみつ

今回ご紹介する長坂養蜂場の発売するはちみつ&マーガリンは雑誌・『CREA MOOK×おとりよせネット』にて、2016年ベストお取り寄せ大賞の「卵・チーズ・乳製品」の部門賞で銅賞を獲得しているのです! また、他にも新聞などさまざまなメディアで取りあげられています。

長坂養蜂場の創業は1935年。初代・長坂喜平さんはもともと体が弱く、その回復に役立ったのがはちみつだったことがきっかけで、他の人にもはちみつを食べて健康になって欲しいとはちみつ作りを開始されたのだとか。少しずつ事業を拡大していき、1968年には、天皇陛下ご一家にはちみつを献上しました。現在では、二代目・長坂光男さんが代表を務めており、さまざまなヒット商品を生み出しています。

そのヒット商品のひとつが、今回ご紹介するはちみつ&マーガリンなのです。

マスコットキャラクター・ぶんぶんがかわいい!

長坂養蜂場 お取り寄せ

ぶんぶんがチラ見え

さっそく長坂養蜂場のサイトから注文します。筆者の場合は注文日がちょうど定休日でした。翌日に注文確認のメールが届き、2日後に商品が到着。クール便での配送で、時間指定もできますよ。

注文時にどんなパンが合うのかお尋ねしたところ、「この商品は幅広い年齢層の方に毎日食べていただけることをコンセプトに作られているとので、ノーマルなパンがよく合います」とのことでした。

楽しみにしていたはちみつ&マーガリン! 段ボールには長坂養蜂場のマスコットキャラクター・”ぶんぶん”や、クイズなどが書かれています。観ていると、かわいくて思わず笑顔になります。ささいな気遣いが嬉しいですね。

さて、中身を取り出してみると、赤を基調としたレトロな雰囲気の瓶がとても魅力的。かわいいイラストが描かれた蓋を開けると、はちみつの豊かな香りが漂い出てきました!

4パターンの食べ方を徹底比較!

長坂養蜂場 お取り寄せ

右上から時計回りでそのまま、塗ってから焼く、焼いてから塗る、焼く前後に塗ったパン

今回は4パターンの食べ方を試してみました。まず、最初はそのまま食パンに塗って食べてみます。

冷蔵庫から出したばかりでも、バターナイフがスーッと入っていきました。練乳よりも甘さを少し控えたような味で、はちみつの濃厚な香りが口の中いっぱいに広がります。しかし、決してしつこい甘さではなく、後を引かないサッパリ感があります。
焼いていない食パンのソフトな食感と、ほんのりとしたはちみつの甘さが相まって、ペロリと一枚平らげてしまいそうです。はちみつのおいしさを味わいたい人におすすめの食べ方です。

次は、トーストしてから塗るパターン。トーストされてカリカリになった耳の食感と、染み込んで柔らかくなった部分の食感が混ざり合ってまるでデザートを食べているようです。先ほどよりもマーガリンの風味が増したような気も……。たっぷり塗って食べるのがおすすめですよ。

今度はトーストする前に塗っていきます。シュガーバタートーストのような感覚で「たっぷり塗るとおいしそう」と思ったので、たっぷりのせて焼いてみました。焼いてから塗るよりも染み込みが良く、パンを噛むごとにはちみつ&マーガリンがジュワ~っと溢れてきます。何とも言えない幸せな心地……。

最後は極めつけ。最初に塗って、トーストした後にも塗るパターンです。「もしかして少しくどくなってしまうかな? 」と思ったのですが、そんな心配は無用でした。はちみつ&マーガリンが染み込んだ部分は濃厚さが増しており、上から重ねた部分の甘味が加わって、お店で食べるハニートーストの完全再現! これはもはやデザートですね。はちみつ&マーガリンを最大限に味わえる食べ方なのではないでしょうか。疲れを癒したいときなど、この方法で食べるとちょっと元気がでるかもしれませんね。

いつでも食べられるやさしい味わい

長坂養蜂場 お取り寄せ

見た目はマーガリンのような質感そのもの

長坂養蜂場のはちみつ&マーガリンは、時間のないときはそのままつけてもおいしいですし、ゆっくり味わいたいときはたっぷり塗って焼くなど、さまざまなパターンで味わえる優れものでした。

今回はノーマルなパンが合うということだったので、よくある市販の食パンを使ってみましたが、ちょっとこだわりのあるパンや塩気のあるパンでも挑戦してみたいと思いました。

いつものマーガリンやバターに飽きた人は、ぜひ試してみてくださいね!

長坂養蜂場

http://www.1183.co.jp/

静岡県浜松市北区三ヶ日町下尾奈97-1
053-524-1183 (水曜定休)、0120-40-1183
はちみつ&マーガリン、二代目の蜂蜜
お互いの成長と幸せを願い会社に温もりがあふれること、そしてその温もりをお客様の幸せ、取引先様の幸せ、地域の幸せへとつなげていくことをモットーとする。はちみつを使った他の商品も見逃せない。

この記事を書いた人

後藤 玲
フリーランサー。医療系をはじめインタビュー取材など、さまざまなジャンルの執筆に携わる。世界中のおいしいものを食べて周ってレポートするのも夢。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら