お取り寄せしてでも食べたいパンに出会える
宅パンライフ先取りマガジン

banner_takuminishikawa

キューブ型がかわいい!「田んぼのパン工房 米魂」のもっちもち米粉パン【お取り寄せ】

DATE
2017.8.21

グルテンフリー パン

「グルテンフリー」という言葉をご存知ですか? 小麦などに含まれるグルテンの摂取を控えるグルテンフリー生活健康のために実践している人が多いことでも知られています。

有名なところでは、テニスプレーヤーのジョコビッチ選手が世界ランキング1位を獲得できたのはグルテンフリーの食生活のおかげだとか。

今回紹介するのは、小麦粉や小麦グルテンを一切使っていないグルテンフリーの米粉パンを作っている「田んぼのパン工房 米魂」(以下:米魂)のキューブパンです。

お米そのものを生かした「田んぼのパン」とは、一体どんな味わいなのでしょうか?

オールグルテンフリーのパン屋、米塊のキューブパン

米の魂と書いて「べいこん」と読みます。(ユニークな店名ですね)

米魂の実店舗は東京・戸越銀座にあります。オーナーを務めるのは、20年間パン職人として腕を磨いてきた富室さんです。

2016年11月に

・オールグルテンフリー
・天然酵母の米粉パン

のパン屋として全面リニューアルしたとのことで、扱っている商品は全て国産の米粉を使って作られています

米粉は小麦粉と違ってグルテンがないのでパンらしい食感を出すのが難しく、以前は米粉パン=ボソボソ・硬いというイメージを持つ人もいました。
(詳しくはこちらの記事をチェック!)

しかし、米魂ではグルテンフリー製品について技術指導を受け、添加物なども一切使わず国産米粉白神こだま酵母でもちもちのパンを焼いています。

米魂のパンは、食パンなどのプレーンなパンについても全てグルテンフリー。その中から今回お取り寄せするのは、コロンとした形が可愛らしいキューブパンです。

プレーンを始め5種類の味がラインナップされているので、全種類楽しんでみたいと思います!

米魂の公式ショップで「キューブ 全5種類」を注文!

グルテンフリー パン

コロンとかわいいキューブパン

さっそく米魂のオンラインショップからお取り寄せしてみましょう。

食パンや菓子パン、総菜パン、クッキー、シフォンケーキなど幅広く揃っていますが、もちろんどれも材料は米粉でできており、グルテンフリーの商品ばかりです。

支払い方法は代金引換のみ、到着指定日は5日後以降から指定できます。今回は「日付指定なしで最短でお願いします」とコメントを入れて注文したところ、翌日には発送されました。

注文から翌々日に冷凍便で到着したダンボールを開けると、手のひらサイズのコロンとしたパンが6つ入っています!

と、ここで……

あれ、6個? 注文したキューブパンは5個のはずでは?

と思い、よくよく見てみると…

グルテンフリー パン

おまけつき!

まるい玄米米粉ロールがおまけで入っていました!

宅パン(パンをお取り寄せすること)していると、たまに遭遇するおまけパン、これも宅パンのひそかな楽しみなのです。おまけです、の文字に気持ちもほっこりしてしまいました。

お米の甘さともっちもち食感がたまらない!

グルテンフリー パン

キューブパンは縦・横・高さが5.5センチくらいの手のひらサイズ

今回お取り寄せしたキューブパンは全5種類で、左から

・イタリアンハーブ
・くるみ
・フィグ&アールグレイ
・レーズン
・プレーン

です。

同封されていた説明書きによると、食べる前の温め方は2通りあるとのこと。

①軽く湿らせ、ベーキングシートで包みビニール袋に入れてレンジで20~30秒
②オーブントースターで2~3分

上記のどちらかで食べるのがおいしく食べる秘訣なのだそうです。

今回はよりもちもち感が楽しめそうな①のレンジで温める方法でいただいてみます。

グルテンフリー パン

カットするのも大変なくらいモチモチに

ほんわりと温まったキューブパンは、持つのも大変なくらいのモチふわ感。カットしてみると、断面は米粉パンらしくぎゅっと詰まっていてキメが細かいです。

さっそくプレーンからいただいてみます。

口に入れた瞬間、もちもち食感とその甘さにびっくり! きび砂糖も入っているそうなのですが、強く感じるのはお米そのものの甘さです。

小麦粉のパンに比べて油脂が少ない分、あっさりとしていてヘルシーなのも嬉しいポイント。プレーンなので、お食事と一緒に食べたりバターやジャムをつけたりするのもよさそうです!

次にいただいたのはくるみレーズンフィグ(いちじく)&アールグレイ

正直、食べる前は「お米の甘さにくるみやフルーツって合うのかな……?」と思っていたのですが、そんな心配は無用でした。

お米のほのかな甘みもしっかりと感じつつ、それぞれの材料がしっかりと味の主張をしているので、ちょうどいいバランスを保っています。この3つは、おやつパンとしてオススメです。

最後はイタリアンハーブをいただきます。

チーズ+ドライトマト+ハーブが入っているお食事寄りのパンです。
(筆者の一番のお気に入りはこれでした。)

こちらはガッツリと食べたいときにオススメです!

イタリアンハーブはオーブントースターで温めた方が、香ばしさが加わってよりおいしく食べられそうだなと思いました。

米魂パンはお米のおいしさをしっかり味わえる「田んぼのパン」

グルテンフリー パン

おまけの玄米ロール

考えてみれば、お米は何にでも合う万能食材ですし、米粉パンには無限の可能性がありそうですね。これからまた新しい味が発売されたらいいなと、思わず期待してしまいました。

ちなみに「おまけです」と書かれていた玄米ロールは、通常の米粉パンと違って玄米を挽いた全粒粉が使われているようです。

キューブパンと同じように温めて食べてみると、確かにしっかりと玄米の味がします。玄米を食べたときのような鼻に抜ける香ばしさがたまりません!

米塊のパンは、お米のおいしさをしっかり味わえるおいしいパンでした。

グルテンフリー生活を実践している人や小麦アレルギーの人にはもちろん、お子さんから年配の方まで幅広い年齢層の方にオススメです。

なお、2017年7月からは同じ工房で小麦粉を含む製品を製造しているので、アレルギー持ちの人は注意して、確認してくださいね。

もっちもちの米粉パンを食べて、日本の田んぼに思いを馳せてみませんか?

今回お取り寄せしたパン屋情報

■店舗名:グルテンフリー田んぼのパン工房 米魂
■ホームページ:http://www.mybeicon.com/
■住所:〒142-0041 東京都品川区戸越2-6-3
■電話番号:03-3787-4776
■メールアドレス:info@mybeicon.com
■代表的な商品:米粉キューブパン、米粉食パン、シフォンケーキなど
■お店紹介
小麦粉や小麦グルテンを一切使わず、白神こだま酵母と国産米粉を使ったオールグルテンフリーのベーカリー。健康にいいだけではなく味もおいしいパンやスイーツを東京戸越銀座の実店舗やオンラインショップで販売し、話題となっている。

この記事を書いた人

橋本 なおこ
北関東在住のんびり田舎暮らし。カーテンを開ければ目の前は森、庭にはキジが歩いています。おいしいパンのためならどこへでも!のパン好きライター。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら