お取り寄せしてでも食べたいパンに出会える
宅パンライフ先取りマガジン

banner_takuminishikawa

甘~いあんこがたっぷり!食べてほっこり!トミーズの「あん食」【お取り寄せ】

DATE
2017.9.7

トミーズ あん食

日本の伝統的な甘味・あんこを使ったパンというと、あんぱんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するパンは、食パンの中にあんこがた~っぷりと混ぜこまれた、トミーズのあん食

あんこが好きな方には一度召し上がっていただきたい逸品です!

人気店のベストセラー商品・あん食とは?

トミーズはおいしいパン屋が集まる激戦区・神戸に4店舗を構える人気店です。

1977年に創業した同店には、ロールケーキやデニッシュローフなど、たくさんのロングセラー商品がありますが、今回ご紹介するあん食は、なんと1日1000本も販売されるという人気商品なのです。

その名前のとおり、あんこが入った食パンです。

でも、あんパンのようにパンの中にあんこが入っているわけではなく、食パンの中に混ぜこまれているのです。いわゆる“マーブル食パン”なのですが、トミーズのあん食はなんといってもあんこの量が桁違いなのです。

届いた実物は、ずっしり!

トミーズ あん食

パンの後ろにあるのはお店の袋

あん食はトミーズのwebサイトから直接お取り寄せすることができます。

どうやら、焼き上げたパンを冷ましてから袋詰めするため、当日出荷は行っていないよう。筆者の場合はお盆に注文したので、自宅に届いたのは注文日から9日後でした! (本来はもっと早く届くようです)

常温便で注文し、賞味期限は到着の2日後だったので、日持ちに関してはスーパーで売られているパンと同じくらいでしょうか。

梱包は小さめのダンボール箱で、中には袋に入ったあん食と、納品書おすすめの食べ方を書いた紙人気商品の写真と品名が載った紙が入っていました。ここで嬉しいなと思ったのが、お店の袋も入っていたこと。手土産に持っていきたいときなどに便利ですね

トミーズ あん食

そして、いよいよ箱からあん食を取り出すと……重い! パン1.5斤ってこんなに重かったっけ? 500mlペットボトル1本どころか、1リットルパックの牛乳くらい重い!

いったい何グラムあるのだろう、とキッチンスケールに載せてみると……

トミーズ あん食

936g!

なんと936グラム! 1リットルの牛乳とほぼ同じ重さです。

それだけあんこがつまっているということでしょうか。

これは期待も高まります……!

カリッと、ふんわり、しっとり!

トミーズ あん食

丁寧な説明書つき

あん食と同封されてきたお店のおすすめ情報によると、「180度に予熱したトースターで軽く焼いて」食べることだったので、そのとおりに焼いて……みたつもりが、きれいなきつね色になりました。

トミーズ あん食

もしかして、ちょっと焼きすぎた?

でもカリッと焼けているのに、見た感じだとあんこはしっとりしています! 食べる前から絶品の予感。

それではさっそくいただきます!

トミーズ あん食

見よ!このあんこ!

かじりついた瞬間にビックリしたのは中のふんわり感。焼いたのは最初の1枚(端っこ)だった上に、少し焼きすぎてしまったので「中も硬くなってしまったかな……? 」と思っていたのですが、フワフワでした!

生クリームが入った食パンは生地自体も甘くて、マーブル模様のパンにありがちな「色のついていない部分は物足りない」ということはありません。あんこに到達したときは何とも言えない幸福感が襲ってきます。これはあんこ好きにはたまらないのではないでしょうか!

7分の1くらいの厚みに切ったので、それなりの量でしたが、おいしくてすぐ食べきってしまいました

シンプル、でもベストバランス

トミーズ あん食

コーヒーとも合いますがオススメは牛乳!

食パンに粒あんが混ざっているということで、食べる前は「小倉トースト」や「あんパン」を想像していたのですが、そこまで粒あんが主張していない感じ。

砂糖だけではなく生クリームの甘みが感じられる生地と、甘い粒あんのバランスが絶妙です。これはコーヒーじゃなくて、牛乳の方が合う味です。(筆者的には)

焼いたあとに一部、バターも塗ってみましたが、これは間違いない! バターの塩分と粒あんの甘さの調和がいい! たっぷり塗ると幸せな気分になれます。ミルク風味の生地ともよく合うので、ぜひ試していただみてくださいね!

今回お取り寄せしたパン屋情報

■店舗名:トミーズ
■ホームページ:https://www.tommys-kobe.com/
■住所:兵庫県神戸市東灘区魚崎南町4-2-46
■電話番号:078-451-7633
■代表的な商品:あん食、上食パン、ロールケーキなど
■お店紹介
親しみやすさとこだわりの材料で作られたパンが人気のパン店。現在神戸市内に4店舗を展開している。看板商品である「あん食」は「食パンにあんこを入れてほしい」というひとりのお客の要望をきっかけに1990年ごろに完成した。2007年に商標登録。

この記事を書いた人

福原麻実
主に地域情報などを執筆している神奈川在住のフリーライター。欠かせないものはパンと糀から作られる甘酒、そしてカフェイン。フィルムカメラと幼児向け番組を愛する主婦。
https://beta-ver.themedia.jp/

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら