シンプルな幸せを提供するパン♪自然豊かな東京都あきる野市のラ・フーガス【お取り寄せ】

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

シンプルな幸せを提供するパン♪自然豊かな東京都あきる野市のラ・フーガス【お取り寄せ】

DATE
2016.10.28

ラ・フーガス

東京都でも自然が多く残る多摩地区・あきる野市。今回ご紹介するのは、そんな緑いっぱいの環境でカフェベーカリーを営業しているラ・フーガスの食パン「パン・ド・プルミエール」です。ラ・フーガスはAllAboutやdancyuなどのメディアでも取り上げられている実力派のお店なのです。

新たな環境を求めて世田谷からあきる野市へ

もともとラ・フーガスは、世田谷区梅が丘にあるビルのテナントに入っていました。日々忙しくパンを作る中で、オーナーである仁礼(にれい)さんは「パンに合う料理も一緒に提供できるゆったりしたカフェを作れたら」という思いを持つようになったそうです。現在店舗をかまえる東京都あきる野市は、自然豊かで平井川がゆっくりと流れるのどかな土地。初めて訪れた際にすっかり惚れ込み、14年間営業した世田谷のお店を閉じて2007年に移転しました。移転後は世田谷時代よりパンの種類を減らしたとのことですが、お食事パンやハードパン、菓子パンまでしっかりとラインナップされています。今回お取り寄せする「パン・ド・プルミエール」は長時間発酵でこだわりの一品とのこと。一体どんな食パンなのか楽しみです。

ラ・フーガスの「パン・ド・プルミエール」をお取り寄せ

ラ・フーガス

リーフレットと共に手書きのメッセージも

「パン・ド・プルミエール」には角型と山型がありますが、今回はもくもくした形の山型2斤サイズをチョイスしました。注文方法は公式サイトからのオンライン注文ではなく、直接電話をかけるかfaxのみです。fax注文書は公式サイトからダウンロードできますよ。ちなみに送料は到着時に着払い、パン代金は同封されている請求書を元にあとからの振込みになります。私は今回FAXで注文しましたが、送信後にすぐに注文内容確認のための電話がありました。ハキハキと明るい女性スタッフさんの声で「本日発送します」との知らせがあり、ほっこりした気持ちになりました。お取り寄せするのも、いいものですね。

翌日の午前中にはさっそくパンが届き、紙袋を受け取りました。開けるとお店のロゴが印刷された茶色いショップ袋の中に、食パンが入っていました。お店のリーフレットと共に、丁寧な手書きのお手紙も入っていました。お店の心遣いが感じられて嬉しい気持ちになりますね。

小麦の旨みが凝縮!

ラ・フーガス

山型のパン・ド・プルミエール

ずっしりとした重みの「パン・ド・プルミエール」を取り出してみると、小麦の香ばしい香りが漂ってきました! 長時間発酵によって小麦の香りがしっかりと引き出されている証でしょうか。早速パンナイフを入れると、適度な手ごたえですっと切れていきます。

断面のクラムはきめ細やかです。まずはそのまま食べてみました。ふんわりとした軽めの食感で食事に合いそうです。しっかりと小麦の旨味が凝縮されていますが、主張しすぎず、食事として毎日食べたい食パンです。軽くトーストしてみると表面はさくっと、中はもっちり食感に。そのまま食べた時とはまったく違った印象です。個人的にはトーストしたほうがおいしさがより引き立つように思いました。

毎日食卓に出したい、シンプルでおいしい食パン

ラ・フーガス

スープやサラダなどの食事とよく合うパン・ド・プルミエールですが、シンプルにバターやジャムを塗って朝食として食べるのもおすすめです。ちょっと贅沢に発酵バターや果実たっぷりのコンフィチュールなど、お気に入りの食べ方を探してみてはいかがでしょうか? ちなみにラ・フーガスの実店舗では地元の野菜を使ったスープランチ・サラダランチなどを提供していて、なんとパンは食べ放題とのことです。いつかあきる野の自然に囲まれながらのんびりとパンを楽しんでみたいです。

毎日食卓に並べたくなるラ・フーガスのお取り寄せパン、人気の理由が分かりました。皆さんもラ・フーガスのパンで、心がほっこり温まるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか? きっといつもの日常が、ちょっと素敵になるはずです。

ラ・フーガス
http://lafougasse.net/
〒197-0802 東京都あきる野市草花3492-183 Tel/Fax.042-569-6369
042-569-6369
問い合わせ・注文は電話もしくはFAXにて
パン・ド・プルミエール、パン・ド・カンパーニュ
14年営業した世田谷区から自然のある環境を求めてあきる野市に移転。「ラ・フーガスに来ることでシアワセなきもちになってもらいたい」という思いでベーシックな食事パンから菓子・総菜パンまでを提供するカフェベーカリー。

この記事を書いた人

橋本 なおこ
北関東在住のんびり田舎暮らし。カーテンを開ければ目の前は森、庭にはキジが歩いています。おいしいパンのためならどこへでも!のパン好きライター。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら