小麦・乳・卵・白砂糖不使用! もっちもちの玄米パンとは?【お取り寄せ】

Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

banner_takuminishikawa

小麦・乳・卵・白砂糖不使用! もっちもちの玄米パンとは?【お取り寄せ】

DATE
2017.5.29

グルテンフリー パン

近年、小麦不使用のパンが増えてきました。小麦に代わって使われているのは米(米粉)なのですが、米粉でできたパンには
・小麦アレルギーの人でも食べられる
・小麦粉より少し低カロリー
・小麦粉に比べ、アミノ酸スコア(食品に含まれる必須アミノ酸のバランス)が高い
などの特長があります。詳しくはこちらの記事をどうぞ→https://pantastic.jp/archives/1267
最近では米粉を使ったパンの種類も増えてきて、さまざまな米粉パンが販売されていますよね。

そこで、米粉パンをお取り寄せしようとネットで探していると、玄米を使った「玄米パン」というものを発見。「なんだか体に良さそう……」ということで、今回は玄米パンをご紹介します!

グルテンフリーの「玄米パン」って?

 

株式会社マイセンは1992(平成4)年に福井県鯖江市で設立された農業生産法人です。栄養豊富ではあるけれど、苦手な人も多い玄米をおいしく食べられるようにと、玄米パンをはじめ、玄米コーヒーや玄米生パスタなど、たくさんの玄米製品を作っています。そんなマイセンの「玄米パン」は、もちろん小麦不使用なのでグルテンフリー。

グルテンとは小麦に含まれるタンパク質で、小麦アレルギーやグルテン不耐症の人、セリアック病(自己免疫疾患のひとつ)の人にとっては健康に大きな害をもたらします。グルテンの害についてはまださまざまな議論がなされており、「グルテンが健康な人にとっても害がある」とまでは言えませんが、グルテンには中毒性があり、摂取すると食欲が増して過食の原因になることもあるといわれています。ついつい食べすぎてしまうという人は、麺やパンをたまに米粉でできたものにしてみるなど、少し食習慣を見直してもよいのかもしれませんね。

小麦・乳・卵・白砂糖不使用のおいしい玄米パンとは?


グルテンフリー パン

玄米パンはマイセンwebサイトから直接注文できます。小さなミニパン、丸パン、そして4種の玄米パンがありますが、その中から今回は贅沢に4種の玄米パンを楽しめる「よくばり玄米パンセット」をチョイス。常温と冷凍が選べますが、小さそうとはいっても、パンを4斤注文するので、冷凍便を選びました。お昼前に注文して、当日発送。これは早い!

梱包はダンボール箱で、中に1つずつ真空パックされたパンが4つ、マチのない透明な袋に、納品書、定期購入の案内、農法や玄米塩麹を使ったレシピが書かれた紙が同封されていました。

こんがり、カリカリに焼くことが大事!

グルテンフリー パン

左から焙煎黒焼き、キャラメル、カカオ

冷凍されているということを忘れてそのまま切ろうとしたところ、かなり硬くてなかなか上手く切れませんでした(冷凍されているので当たり前なのですが)……届いてすぐに食べたい場合は、常温便をおすすめします。

マイセンのWEBサイトによると、1.5cmの厚さに切り、500Wのトースターで6~7分焼くのがおすすとのことなので、その通りに焼いてみました。しかし、なんとなく焼き加減が薄い気がしたので、1分追加。

一般的なパンと比べて焼き時間が長いように感じましたが、これは米粉の性質によるもの。冷めたごはんがパサパサになってしまうのと同じ原理で、しっかり焼かないと玄米パンもパサパサなのだそうです。

焼いた後にトースターを開けると、パンとは少し違う、でも香ばしくていいにおいが漂います。断面や持った感じもパンとは違って、ずっしり、みっちりとした重さや密度を感じます。「1切れでも充分腹持ちしそう……4切れ焼いたけれど食べ切れるかしら?」と、この時点でやや不安が。

もっちもちの食感と、パンにはない満腹感

グルテンフリー パン

プレーンにはごぼうサラダの方が合いそうと思いました

そのまま何もつけずにパクリ。

「小麦とは何か違うけれど、おいしいパン」というのが味の感想です。甘みはあまりないので、蜂蜜やジャムなどを足してもいいかもしれません。マイセンのWEBサイトでは「えごま油と塩」をつけるのをおすすめしていました。えごま油がないのでオリーブオイルで試してみたところ、プレーンにも焙煎黒焼きパンにもすごくよく合います!

1切れ食べて気づきましたが、口はもう少し食べたがっているのですが、お腹がいっぱいになっています。ブランジュリーのパンは2つ食べる私が、一辺10cm、厚さ1.5cmのパンでお腹いっぱいだなんて! この満腹感はごはんだ! 

しかも玄米は食物繊維豊富で低GI、血糖値の上昇が緩やかという、健康食品。お腹いっぱいで罪悪感もないので、食べすぎた次の日にもいいかも。

マイセンの玄米パンは、理由があって小麦や卵や乳製品が食べられない人、白砂糖を避けている人、いつもの朝食に変化がほしい人や、健康に少し気を遣おうと思っている人にもおすすめしたい「パンの姿をしたごはん」でした。

農業生産法人 株式会社マイセン
http://www.maisen.co.jp/
福井県鯖江市上野田町12-7-1
0778-62-2555
0120-81-0932
info@maisen.co.jp
玄米パン、玄米生パスタなど
こだわりの自然農法で収穫した栄養豊富な玄米を、おいしく食べられるように多くの玄米製品を開発・販売している。玄米コーヒーや玄米パンのほかには、お肉そっくりの大豆製品「まるっきりシリーズ」など。

この記事を書いた人


福原麻実
主に地域情報などを執筆している神奈川在住のフリーライター。欠かせないものはパンと糀から作られる甘酒、そしてカフェイン。フィルムカメラと幼児向け番組を愛する主婦。
https://beta-ver.themedia.jp/

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

あなたにオススメのパンはこちら