Pantastic!(パンタスティック)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

パリが認めたパン屋さん! メゾン・ランドゥメンヌのクロワッサン

DATE
2018.4.11

クロワッサン おいしい

パリで14号店舗の展開をするブーランジェリー・パティスリー「Maison Landemaine TOKYO(メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー)」(以下:メゾン・ランドゥメンヌ)はご存知ですか?

「パリ最高パン屋賞」を受賞するなど、数々の名誉ある賞を受賞している本格派のパン屋さんで、2015年に日本に初上陸し、セレブな街・麻布台に日本1同店を構えています。

4月16日(月)には赤坂に2号店をオープンすることが決定しており、いま要注目のパン屋さんなのです!

今回は、お店で一番人気だというクロワッサンをご紹介♪

パリで認められたパン屋さん「メゾン・ランドゥメンヌ」

パン職人で実業家の石川芳美さんと、同じく実業家でパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌさんが、2006年にパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリー。

“パリ最高パン屋賞”のほか、数々の賞を受賞しています。パリでは14店舗、日本では、2015年に初上陸した麻布台本店と4月16日(月)にオープンする赤坂店の2店舗を展開。(2018年4月10日現在)

お店の看板商品は、フランスの高級バターであるAOPレスキュール・バターをたっぷりと使用したクロワッサン・フランセです。

自家製天然酵母を使用し、低温長時間発酵で熟成させたハード系のパンも人気なのだとか。

六本木一丁目から徒歩5分

おいしい クロワッサン

おしゃれな外観

メゾン・ランドゥメンヌの最寄り駅は、東京メトロ南北線・六本木一丁目駅。

2番出口を出て、左にまっすぐ進んでいくと信号に突き当たります。信号まで行けば斜め左方向にお店が見えますよ!

歩いて5分ほどだったのでアクセスも良好です。

これが人気のクロワッサンだ!

クロワッサン おいしい

大きめのクロワッサン・フランセ

写真では大きさがわかりにくいかもしれないのですが、一般的なクロワッサンに比べて一回り大きいです。

高級バターのAOPレスキュール・バターを使用しており、27層の生地が折り重なっているのだとか。

食べてみると、口の中で「ざくざく!」という音が鳴り響きます! 中はもっちりしっとり食感で、噛めばかむほどバターの甘味がじんわり広がる……!

おいしくてあっという間に完食してしまいました。

パリが認めた味

おいしさはもちろんのこと、もうひとつ感動したのは“クズのこぼれにくさ”。クロワッサンというと「食べている際中にポロポロこぼれてくるのがお約束」のようなところがあるかと思うのですが、メゾン・ランドゥメンヌのクロワッサンは、ざくざく食感のわりにあまりこぼれなかったのです!
 
また、バターの香りを強く感じたので、バターもたっぷり使われているのだと思うのですが、不思議と軽い口当たりなのが印象的でした。手で持ってみてもべたべたになることもありません。生地の中にしっかりと練り込まれているのでしょう。

ひとつ480円(税抜き)と少し高めの値段設定ですが、クロワッサン好きの方は一度は召し上がっていただきたい絶品パンでした。

パリが認めたクロワッサンを、ぜひ味わってみてくださいね!

▼4月16日(月)にオープンした2号店についてはこちら
https://pantastic.jp/archives/10018

今回ご紹介したパン屋さん

■店舗名:Maison Landemaine Tokyo(メゾン・ランドゥメンヌ 東京)
■ホームページ:https://www.maisonlandemainejapon.com/
■営業時間:平日・土曜日 7時~20時30分/日曜日・祝日 7時~19時30分
※ランチタイム:平日 11時30分~14時/ブランチタイム:土日祝日 10時~14時30分
■定休日:無休
■住所:〒106-0041 東京都港区麻布台 3-1-5/TEL 03-5797-7387
■代表的な商品:クロワッサン・フランセ、バゲット
■お店紹介
パリに本店を構える本格ブーランジェリー・パティスリー。フランス産の最高級バターを使用するなど素材にもこだわって作られるパンはパリジャン、パリジェンヌの心はもちろん、日本人の心も掴んでいる。

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

人気記事